2011年07月25日

近くなった鹿児島、そして知覧

5年前に仕事で行ってた時は、鹿児島まで新幹線と電車を乗り継いで通っていました。
車で行く時は明け方出発し、高速をバンバン飛ばして何時間もかけて行きました。
その頃の鹿児島はとても遠~くに感じました。

この春からは、九州新幹線鹿児島ルートが全線開業して、直通で行ける様になり
最新型の新幹線「さくら」に乗ってピューッと行って来ました。


電光掲示版です


新幹線「さくら」です。 鴨のくちばしみたいですね。

ご覧下さい!九州新幹線全線開通CM  http://www.youtube.com/watch?v=UNbJzCFgjnU

早い!早い!1時間半で着きました。
自由席でしたが空いてたし、車輌はとてもきれいで快適でした。
そういえば、添乗員も車掌さんも女性ばかりだったな~!?

鹿児島中央駅を降りると真正面に、こんな大きな建築中のビルがありました



商談が早く終わったので、急遽、南九州市の知覧(ちらん)町を訪ねることました。
この日は晴れてて、桜島もきれいに見えました。



目的はひとつ、前から訪ねようと思ってた「特攻平和会館」です。
その日は夏の日差しは強かったけど、眩しい位空は青く澄んでいました。









館内は撮影禁止なので、外の写真ばかりですが。
内部の様子はこちらをご覧下さい。

   http://www.youtube.com/watch?v=6cb1BSXn_5I

太平洋戦争末期に使われてた飛行機や、特別攻撃隊員の遺品、遺影がたくさん
展示されていました。

還ることのできない出撃を前に、書き残した手紙。
両親への感謝、幼い弟妹への気遣い、この国の未来への想い。

65年前の若者が書いた自筆の遺書、最後に書かれていた日付に驚きました。
昭和20年〇月〇日・・・・・・それは私が生まれる、わずか5年前のものでした。

流れていたビデオで見た、敵の機銃掃射を受けながら空母に突撃する飛行機の様子。

特攻へのレクイエム  http://www.youtube.com/watch?v=aQlcxo3gOJ0&feature=related


小泉前首相も涙した、若くして散った特攻隊員達の、最後の言葉に深く心打たれました。
特攻隊員の一人が残した遺書です。



    あんまり緑が美しい

    今日これから

    死にに行く事すら

    忘れてしまいそうだ

    真っ青な空

    ぽかんと浮かぶ白い雲

    6月の知覧は

    もうセミの声がして

    夏を思わせる。

    作戦命令を待ってる間に

    小鳥の声がたのしそう

    「俺もこんどは小鳥になるよ」

    日のあたる草の上に

    ねころんで

    杉本がこんなことを云っている

    笑わせるな

    本日十三、三十五分

    いよいよ知ランを離陸する

    なつかしの

    祖国よ

    さらば

    使いなれた

    万年筆を「かたみ」に

    送ります。

               [ 枝 幹二・・・・・22歳 ]



同じカテゴリー(日常)の記事画像
体に痛いところがある方へ
チャリティーオークション IN 中洲ゲイツ
侍に切ってもらいました!
朝の健康ジュース
お墓参り
暑中お見舞い申し上げます
同じカテゴリー(日常)の記事
 体に痛いところがある方へ (2012-05-21 11:40)
 チャリティーオークション IN 中洲ゲイツ (2011-11-18 14:40)
 新生活 (2011-11-04 09:32)
 侍に切ってもらいました! (2010-10-15 20:37)
 朝の健康ジュース (2010-08-24 10:50)
 お墓参り (2010-08-18 10:34)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。